MEMBER 社員紹介

チャレンジを繰り返して
成功をつかみとる

中途採用 2016年入社

PROFILE マーケティング / チーフ

2016年5月中途入社。前職は家電量販店スタッフ。現在はマーケティング部門のチーム長 兼 風評被害・炎上対策メディア「レピュ研」編集長。ネット上の口コミや書き込みが企業にどのような影響を与えているのか、日々分析・研究している。何事にも探求心が強く、分からない!知らない!と思ったことがあったらすぐに調べる癖がある。

あなたにとってジールの魅力とは? 新しいことに挑戦する事を
メンバーや会社が全力で
サポートしてくれる

本人にやる気さえあれば、「どんなことでもチャレンジ」させてもらえる環境が魅力的です。
「もっとこういうことをしたい!」と発信したことを素直に受け止めてくれ、チャレンジできるようにサポートをしてもらえる環境は、なかなかないと思います。新しいことに挑戦する事をメンバーや会社が全力でサポートしてくれる場所がここにはあります。

自分が言い出した挑戦だからこそ、責任がのしかかって来ますし不安で前が見えなくなることも多々ありますが、それでも結果が出るまで信じて待ってくれているジールには本当に感謝しています。もっと主体的に、もっと多くの人を巻き込んで、みんなが熱を持ち続けられる組織をこれからも作っていきたいです。

マーケティング T.K 写真01

ジールの事業の強み・成長性に
ついて教えて下さい
スピード感ある企業体質と
様々なサービス提供

ジールの強み・成長性は、「ニッチな市場にポジショニングしていること」「前年対比で130%以上の売り上げを出していること」です。

風評被害対策の業界が誕生して間もなくできたジールは、リーディングカンパニーとして同業他社と比べても圧倒的な取引実績を誇っています。個人のお客様から、大企業まで多くのクライアントにサービスを提供できているのも強みと言えます。

また2018年6月より始動した組織全体を巻き込んだ戦略設計によって、長期的なビジョンを考えた成長性を生み出せる点も、これからのジールに期待できるポイントです。社員からの多種多様な新規事業の立案も活発です。急速な事業の拡大・成長に追いついていくのがやっとというくらい、スピード感ある企業体質が感じられます。

マーケティング T.K 写真02

仕事のやりがいについて 失敗の数が多いほど、
成功したときのやりがいも大きい

仕事のやりがいは「失敗して失敗して失敗して…考え抜いた先に成功(結果)が出たとき」です。
新しいことに取り組むとき、大抵思い通りに進まなかったり、上手くいかないことのほうが多いです。「なんで成功しないんだろう…」「うまくいくと思っていたのにダメだった」こんなことは1年間で少なくとも100回以上あると思います。こんな時、挫けず「どうやったら成功できるか」と何度も何度も考え、少しずつ成功に近づけていく感覚は、誰も知らなかった答えを探し出せている感覚があってワクワクします。最終的に目標をクリアでき、成功をつかみ取った瞬間は、それまで積み上げてきた失敗の数が多ければ多いほどやりがいを感じる瞬間ですね。

もちろん幾度となく失敗しても、任せてくれて信じてくれる環境があることも、やりがいを感じる一つです。

マーケティング T.K 写真03
マーケティング T.K アイコン
チャレンジを
繰り返して
成功をつかみとる